塾の方針

1.名学館富沢校は教室を開けている時間地域NO.1を目指します。
⇒祝日は原則として日中も教室を開けるとともに、通常授業もおこないます。また、日曜日もで きるだけ休まずに、中学生の行事の代休日も自習のために朝から教室を開けています。
朝塾は5月~平日朝6時半から実施しています。 教室に電気がついている時はお気軽にお問合せ下さい。 朝塾は塾生・卒塾生のみ利用できます。

2.名学館富沢校は新規生への特典より塾生へのサービスを優先します。
⇒当塾では新規入塾者を対象とした「1ヶ月授業料無料」などのサービスは ほとんどおこなっておりません。目先のお得感で満足していただくのではなく、入塾していただいたあとに満足していただけるように努めています。塾生の保護者からいただいているお金は塾生のために還元していくことを前提に、朝塾、定期テスト特訓コース、土日補習などの各種補習は原則塾生のみが対象となり、すべて無料で行っています。

3.名学館富沢校は各学年定員を設けています。入塾テストはありません。
⇒当塾は塾長が生徒全員の様子を把握し、補習・自習などにもきちんと対応できるよう各学年15人の定員制を設けています。中3は定員に達しなくても8月末日で募集を締め切らせていただきます。(今期は既に募集終了)入塾の際にテストはおこないません。誰でも入塾いただくことが可能です。しかしながら、本人に通塾や勉強への意欲のない生徒は入塾をお断りする場合もあります。(以前にも数例、お断りしたケースがあります) 同様に、入塾したあとも、やるべきことをやらない生徒には退塾を促すこともあります。

4.名学館富沢校は問合せ、保護者対応、面談等はすべて塾長が対応します。
⇒塾長がいつも変わらず教室にいます。 名学館は全国展開の塾ですが、名学館富沢校はあくまで個人塾です。塾長がこの塾を背負っていますので、開校以来、16年間、そしてこの先も塾長が替わることもありません。ご安心してさまざまなご相談をお寄せ下さい。電話対応・面談・問い合わせ対応もすべて塾長がおこなっ ておりますので、突発の相談等には十分な対応ができない場合もありますが、予約をいただければしっかり時間をとって対応させていただきます。教室の長である塾長が替わらずいるおかげで、塾の方針も変わらず、卒塾生も気軽に顔を出してくれます。

5.名学館富沢校は英検・漢検を推奨し、検定受検生を支援します。
⇒当塾で英語検定、漢字検定を受検することができます。英検は年2回、漢検は年3回実施します。

6.名学館富沢校は広告宣伝にお金をかけません。
⇒塾は「折込チラシ」が宣伝のキーになると言われますが、当塾では塾生の保護者からいただいたお金は塾生に還元する・・・を基本的な考え方にしており、折込チラシではなく、塾生や卒塾生、保護者の皆様にも楽しんでもらえるような宣伝を考えています。(バス広告、ポスターなど・・・)ホームページと塾生や卒塾生保護者の方のご紹介だけが頼りです。お問合せをいただいた方にはすべて包み隠さずお話していますので、お気軽にお問合せ下さい。なお、資料請求等お問合せいただいた方、体験授業を受けていただいた方にもこちらから入塾の勧誘のお電話はいたしませんので、ご安心下さい。

7.名学館富沢校は「きつい塾」 「厳しい塾」です。
⇒塾は成績アップや志望校合格が目的であり、単に「楽しいだけ」の塾ではいけないと思います。平成18年度の4期生より指導方針を大きく変え、周辺地域で一番厳しい塾とも言われています。成績を上げていくためには乗り越えなければいけない試練があります。多少強制的であっても、どんどん引っ張ってあげなければ生徒は妥協し、楽をしようとしてしまいます。課題忘れ、遅刻、最低限やることをやらない生徒には声を荒げることもあります。 塾は生徒のペースに合わせてくれる・・・そう思われがちですが、生徒のペースに合わせていては力はつきませんし、テストにも間に合いません。従って、塾のペースに合わせてもらいます。わかるわからない以前に「覚えるべきこと」を覚えてもらいます。その上でのフォローはしっかりおこなっていきます。努力もせずに「頭が悪いから」「勉強のやり方がわからないから」と言っていても前には進めません。 もちろん、何でも「友達と一緒」と言っているような生徒も同様です。 しかし、結果的に厳しい環境の中に置かれ、頑張った生徒は高校での大変さにもついていく力が養われます。安易な道には進もうとしません。

8.名学館富沢校は成績アップに徹底的にこだわります。
⇒塾に入る目的は「成績アップ」「志望校合格」のはずです。ですから、どんな手段をとってでも成績を上げることにこだわっていきます。400点取るには400点取るだけの努力が必要です。450点取るには450点取るための努力が必要です。「取れたらいいな」などと夢を語っているのではありません。取るために何をすべきかを考えていくのです。今まで勉強をしてこなか った生徒はそれを取り返すために、生活スタイルを変え、ほかの生徒の何倍もやらなければいけません。だからこそ「きつい」と感じる部分があると思います。 定期テストのたびに「もう少しやっておけばよかった」という後悔の言葉は聞きたくありませんし、受験の合格発表での悲しい報告はつらいものです。 休みを削って、楽しいことも我慢することはつらいことに見えますが、テストで点数を取れないつらさ、志望校に届かなかったつらさを考えれば頑張れるはずです。その厳しさに耐え、成績が上がったとき、生徒の口から「勉強楽しい」「塾楽しい」という言葉が出てくるはずです。

9.名学館富沢校はオープンな塾を目指し、可能な限り情報を公開していきます。
⇒塾というと、やや「閉鎖的」なイメージがあると思います。塾長はどんな人なんだろう?塾はどんな雰囲気なんだろう?チラシに書いてあることは本当だろうか?など。
保護者の立場に立てば、「問合せをする」というのは非常に勇気のいることで、いったん問い合わせてしまったら、しつこく勧誘されるんじゃないかという不安もあるのだと思います。(実際、そういう話も伺います) そこで、当塾はHPやブログを活用し、広く情報を公開しています。当然、生徒の個人情報にかかわることには触れられませんが、それ以外のことは極力伝えていきたいと思います。 当塾は常に正直にいきます。 授業料・講習料は大手塾に比べると高く感じるかもしれません。しかし、入塾いただいたあとは塾生への無料サービスをどんどん提供しています。あとからどんどんお金を徴収していくようなこともしません。

10.名学館富沢校は塾生のみならず、保護者、卒塾生などかかわった方すべてを大切にします。
⇒当塾は塾生を中心にカリキュラムやイベント、補習の計画を立てています。一緒に受験を戦った生徒は卒塾してからも長く付き合っていきたいと思っています。 入学、卒業、就職、成人式など節目の時など一緒にごはんを食べたり、部活での活躍を応援したり、連絡をとっている生徒は数多くいます。連絡をとらずとも、いつも気にかけています。 保護者の方にも受験に関する情報提供であったり、進路相談はもちろん、卒塾生の保護者の方からご相談、ご連絡をいただくこともあります。そのおかげで、現在兄弟で通塾いただいている生徒も多いいです。 これからも名学館富沢校にかかわっていただいた方々のことは大切にします。