■富沢駅前 朝も日曜も開いている学習塾 
朝塾(平日朝6時半〜)実施中! 
お問合せ
022−304−4519
meigakukan@star.odn.ne.jp   
お問い合わせ・資料請求⇒コチラ    
★ホーム ★塾長より ★名学館Q&A ★名学館入塾まで ★名学館の特徴 ★標準学費 ★アクセス  
★各種検定 ★スケジュール ★教室の様子 ★リンク集 
〇小学生保護者の皆様へ 〇中1・中2保護者の皆様へ 〇中3保護者の皆様へ
〒982-0032 仙台市太白区富沢4−6−1SK20ビル201(地下鉄富沢駅前西側)


名学館富沢校入塾の前に

名学館富沢校では、入塾に際しましては、安易に決めずにじっくり検討いただいたうえで、
決めていただきたいと思っています。
塾に通うということは目先の割引や噂だけで判断すると後で後悔してしまうことがあります。
当塾でも、入塾して半年も経たないうちに退塾につながるケースもございます。
退塾は我々にとっても生徒・保護者の方にとっても気分のいいものではありません。
そこで、塾選びの一助としてもらうため、あえてあらかじめご認識いただきたい件につきまして
書かせていただきます。
これらをお読みいただき、ご納得いただいたうえで入塾をご判断ください。
なお、高校受験前に退塾した生徒は再入塾をお断りしています。


なお、ここに書かせていただきました内容は名学館富沢校に限定した話ですので、
名学館の他校舎には該当しませんので、お間違いのないようにお願いします。

1.課題が多い
→覚えるため、成績を上げるためにはある程度「量」をこなすことも大切です。
従いまして通塾の直前にささっと終わらせるような課題量ではありません。
中学生は「覚えてくる」課題が多いので、人によっては相当時間のかかるケース
もございます。単に問題を解いてくるだけ、練習するだけの課題ではどうしても自分に
甘えが出てしまいますので、課題に関しては「やって満足」とならないようにさせています。
成績の伸びない子は明らかに「量」が足りません。必然的に「量」をこなさせる
ことで、「勉強体力」を強化していきます。

2.個人の都合は聞かない
→個人個人の細かい事情には対応せず、塾の都合に合わせてもらいます。
そういうと、厳しい感じがしますが、もちろん、習い事など曜日の都合は事前に
聞いた上で配慮します。しかし、「旅行」「疲れ」など個人都合による振替は
原則おこないません。(もちろん学校行事など全体にかかわることには振替
対応をします)
要は「休んでも振替してもらうからいいや」といったように、安易に
休むことを防ぐのが目的です。

3.社会ルールに厳しい
サラリーマンを経験している塾長だからこそ、生徒も1人の大人として扱い、最低限
の社会ルールは守らせます。いくら勉強ができて、成績がよくても関係ありません。
挨拶、締め切り厳守、公共の場でのマナー、報告や連絡、確認の仕方、目上の人への
言葉遣い、忘れ物をしない等一切甘やかすことはしません。
(生徒に媚びることはしません)
家や学校で許されていても塾でのルールが守られない生徒には厳しく対応します。
もちろん、小・中学生からはメールでの連絡は受け付けません。

4.社交場ではない
→授業中の私語、集中力の欠如、居眠りなどには厳しく対応します。
なお、携帯は入室後、電源を切って所定の位置に置いてもらい、授業中の使用は
できないようにしています。(教室の電話は自由に使用してOKです)
雑談ばかりしている先生、生徒のご機嫌をとるような先生はいません。
やはり塾は「勉強する場」であり、覚えさせること、成績を上げることが最大の
目標です。そのために楽しい雰囲気は作りますが、それだけでは終わりません。

5.オープンなスペース
→当ホームページ上でも写真を公開しているのでおわかりと思いますが、各ブースに
仕切りがありません。そのためほかのブースの講師の声などが普通に聞こえてきます。
物音のない静寂を求める方には向かない環境です。
しかし、そのことで、受験生や高校生の頑張り・必死さを間近に感じること
ができます。現在の中学生の頑張りも、受験生の必死に頑張る姿を
間近で見てきたことが大きいと思っています。

6.教科別対応はしない
→塾というと教科別に選択する形を取るところが多いですが、当塾では
中学生については、教科別の受講は受け付けていません。
それは定期テストも入試も5教科あるからです。
たとえ週1回しか通えない生徒でも補習を入れることでテストまでに5教科仕上げ
させます。ある特定の教科だけ克服したいという生徒も
ほかの教科が100%カンペキでない限りやらせます。

7.結果を重視。
「結果」より「過程」を重視することも大事ですが、塾においてはテストや入試が
ある以上「結果」を重視します。
どんなに「頑張った」といっても、覚えてこなければやっていないのと同じことです。
頑張りは必ず結果につながります。模試や小テストなどでもランキングの公表を
おこなったり、定期テストの成績上位者を張り出したりします。
(努力して結果につなげたことを評価します)



以下の場合には成績の良し悪しにかかわらず、
退塾を勧告することがあります。

〇無断での遅刻、欠席が続いた場合。
〇課題やワーク類の忘れ物が続いた場合
〇私語など周囲に迷惑をおよぼす場合
〇塾長、講師の指示に従わない場合
〇カンニングなど不正行為があった場合。
(模試等でのカンニングは即退塾もあります)
〇授業時に携帯電話を使用した場合
〇追試類が極端にたまってしまった場合
〇授業に対してやる気がない、集中力がない
と判断した場合

戻る
戻る